カテゴリー別アーカイブ: レース

2016Jエリートツアー

2016年のJBCF「Jエリートツアー」にじてんしゃの杜は以下の12名の選手で参戦します。
勝利をめざして頑張りますので応援よろしくお願いします。

クラスタE1

  • 今関 稔
  • 小川 克広
  • 小林 草太
  • 馬場 勝尚
  • 若松 武史

クラスタE2

  • 國分 俊幸
  • 小松 理

クラスタE3

  • 杉山 司
  • 巽 克哉
  • 林 和利
  • 小林 利也(新規)
  • 赤荻 秀弥(新規 Y1)

シーズン途中からの加入も可能ですので、チームに興味がある方は、チーム練習などにご参加ください。チーム練習やレース活動の様子はじてんしゃの杜JBCFフェイスブックでお知らせしております。

じてんしゃの杜JBCFチーム2014メンバー募集

「じてんしゃの杜JBCFチーム」は来季(2014年開幕)のJエリートツアーをともに戦うメンバーを募集中です。本気のレースを走ってみたいという方、じてんしゃの杜で一緒に走りませんか。「じてんしゃの杜JBCFチーム」は、皆様のご参加をお待ちしております。

■参加資格

  • 「Jエリートツアー」に参戦するために特別な資格は必要ありません。本気のレースを走りたいという気持ちがスタートです。
  • ただし、まったくのレース初心者がいきなりJエリートツアーに参戦しても苦しいだけで楽しくないでしょう。まずは「じてんしゃの杜ホビーチーム」 からはじめてホビーレース(JCRCや各地の草レース等)で腕を磨くことをおすすめします(体力的には八方ヶ原ヒルクライムで50分程度をひとつの目安と考えてください)。
  • 「じてんしゃの杜」および「チーム」のイメージを著しく損なうような発言、行動を行った者については、監督の判断でチーム員登録を解除します。
  • 未成年者については保護者の同意を必要とします。チーム活動にあたり、会費等はありませんが、原則として各自が自立した社会人として活動することを前提としています。未成年の活動(遠征等)については保護者のご協力をお願い致します。
  • 他チームとの重複登録はできません。ホビーレースのチームも含め、他チームで活動されている方は、それらの活動を休止したうえでご登録いただきます。登録期間中は登録レース以外のホビーレースも含めて「じてんしゃの杜」として活動していただきます(特別な事情がある場合はご相談ください)。

■参加方法

  • まず、「じてんしゃの杜」チーム員としてチーム員登録していただきます。チーム員登録にあたっては、店頭にて誓約書に必要事項をご記入いただきます。登録料・年会費等はありません。
  • JBCFシリーズ参戦にあたっては、JCF登録(初年度¥3,500、継続¥3,000)およびJBCF登録(¥6,000)が必要になります。
  • JBCFシリーズ参戦にあたっては、チームジャージが必要になります。チームウエア類は実費で購入していただきます。ウエアは各種アイテムを揃えております。

■練習など

  • 週一回の日曜朝練がチーム練習です。ただしメンバーは様々な仕事の社会人なので、練習への参加は強制ではありません。また都合のあうメンバーで朝練や平日練習も行っています。

■申込期限

  • チームへの加入を希望される方は、店頭またはメールにて12月中にお知らせください。なお、2014年1月以降はJBCFへの登録が追加登録扱いとなりますので、お早めの登録がお得!!

■その他

  • ご不明な点がございましたら、店頭または、お電話(担当:若松)、お問い合わせフォームにてご連絡ください。

11月・12月のJBCF班の練習

11月・12月の「じてんしゃの杜JBCF班」の練習は基本的に8時店スタートでやります。つまりJBCF班と一般班が同時スタートといことで、JBCFや登録レースに興味があるけど…という方、ぜひ一緒に走りましょう。

またJBCFレース等について質問などございましたら、やさしいチーム員(一部例外あります)になんでも聞いてみてください。

  • 集合:7時55分店に集合。ミーティング後8時スタート。
  • コース:文挟・小来川。

チーム員以外の参加も歓迎です。公道での練習なので交通ルール遵守でお願いします。またツーリングでありませんので必要以上に待ちません。トラブル対処なども自己責任でお願いします。

なお、JBCF班の練習予定等の最新情報はJBCF班のメンバーがつくっている「じてんしゃの杜JBCF班」公式FBページでご確認ください。

JBCF栂池ヒルクライム・富士山ヒルクライム

Jエリートツアー6月は栂池と富士山のヒルクライム2連戦。まずは結果のお知らせです。

■JBCF栂池ヒルクライム

【速報リザルト】

  • E1 國分選手 36位 4pt
  • E2 若松 54位 3pt
  • E3 馬場選手 7位 10pt
  • E3 佐藤選手 34位 2pt

レースを終えて、杜のクライミングエースが残した言葉は「井の中の蛙大海を知らず…」。

■JBCF富士山ヒルクライム

【速報リザルト】

  • E1 小川選手 41位 4pt
  • E2 若松 11位 20pt
  • E3 佐藤選手 4位 25pt

最大斜度22%の激坂を舞台にした戦いで、E3クラスタの佐藤敬哉選手が見事4位入賞!!

  • Jエリートツアー チームランキング じてんしゃの杜 集計中

じてんしゃの杜は2013シーズンもロード・MTB・シクロクロス全力にて活動中!!本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195

JBCF大井埠頭ロード・比叡山ヒルクライム

5月26日にJエリートツアーJBCF大井埠頭ロードが東京大井埠頭にて、比叡山ヒルクライムが滋賀県の比叡山にて開催されました。じてんしゃの杜からは大井埠頭ロードE1クラスタに小川選手、E2クラスタに小松選手の2名、比叡山ヒルクライムE2クラスタに若松が参戦しました。結果は以下のとおりです。

■JBCF大井埠頭ロード

【速報リザルト】

  • E1 小川選手 38位 10pt
  • E2 小松選手 68位 5pt

■JBCF比叡山ヒルクライム

【速報リザルト】

  • E2 若松 9位 25pt
  • Jエリートツアー チームランキング じてんしゃの杜 155pt 60位

じてんしゃの杜は2013シーズンもロード・MTB・シクロクロス全力にて活動中!!本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195

 

ろまんちっくエンデューロ2013春で松本選手優勝!!

2013春ろまんちっくエンデューロのソロクラスにて、じてんしゃの杜の松本選手が見事優勝しました。じてんしゃの杜MTB部で孤軍奮闘の松本選手おめでとうございます!!松本さんからレースレポートが届きましたのでご紹介します。

■ロマンチック村MTB、3H耐久レースレポ

総合5位/66チーム(ソロ含む)ソロ1位/21人。

ロマンチック村MTB、3H耐久レースレポに参戦した。今回のテーマは前回のオーバーペースの修正。前回は最高最低ラップが10分10秒/11分55秒と かなり後半崩れたのが、今回は八方でも有効であったが出力(今回は平均心拍165に合わせた)、ケイデンスの一定化(80~90rpm)を意識して9分 18秒/10分18秒に改善できたが(ちなみに今回は1周が100m程短いみたい)、やはり1分程度の差が生じた。ただ、これは後でも書くが途中でペース アップしたのも原因かもしれない。

暖かかったのと耐久レースなのでウォーミングアップは軽めに行った。スタート順はゼッケン順。割り込みがなくて大変良い。KOZOの佐藤さんくらいしか 知っている人がいない。先日の八兵衛では佐藤さんより1周多く走ったが今回は腰痛が完治していない状態なので、どうなるか。

レースがスタート。スタート後ペースがわずかにオーバー気味な時もあったが(心拍165~168bpm)、佐藤さんをマークし、後ろに付く形で走る。佐藤さん はシングルトラックを走るのは俺よりも上手いので、どうしても途中の登りかストレートで無駄な力で追いつかなくてはいけない。ロードだけでなくダートやシ ングルトラックでも慣れていないと余計なエネルギーが必要になる。1時間少し経過したところだろうか、佐藤さんがスリップ落車してそれをパスしたあとは ずっと一人旅になった。佐藤さんが「2人前にいる」と言っていたが、そいつらに追いつきたい。が、オーバーペースにならないか?迷ったが、1時間半過ぎで わずかにペースアップしてみた。が、敵がどこにいるのかわからない。4周ほどペースアップしてみたが、無理な追い越しをして落車したり、疲れや腰の違和感 を感じ、ややペースダウンして、155~160bpm程度の強度で淡々と残り周回を走った。マシンは杜の竹澤メカにみてもらい完調、最後までノントラブル で走りに集中できた。

今回耐久レースで上位狙いをして、初めて悩んだが自分の位置が分からないのは何とかならないかと思った。今考えると途中のペースアップは余計だったかも。 後で知ったことだが、2時間位経過して1度だけレースの中間報告がアナウンスされソロではその時に1位だったようだ。主催者の方々も少ない人数でレースを 運営していただいているので、無理は言えないが自分が今何位で前、後ろの差は何分何秒か分かるとありがたいなと思いました。以上です。

(以上レポート終わり)

じてんしゃの杜は2013シーズンもロード・MTB・シクロクロス全力にて活動中!!本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195

Jエリートツアー第7戦/群馬CSCロードレース Day-2

「Jエリートツアー第6戦/群馬CSCロードレース Day-1 」が4月27日に開催されました。じてんしゃの杜JBCFチームからは、E1に小川、國分、E2に小松、若松、E3に豊田、馬場の計6名が参戦。結果をご報告します。

■Jエリートツアー第7戦/群馬CSCロードレース Day-2

とりあえず結果速報です。レポートなど後日。

【速報リザルト】

  • E1 國分選手 48位 10pt
  • E1 小川選手 50位 10pt
  • E2 小松選手 51位 5pt
  • E2 若松 66位 5pt
  • E3 馬場選手 15位 10pt
  • E3 豊田選手 102位 5pt
  • Jエリートツアー チームランキング じてんしゃの杜 集計中

【小川選手のレースレポート】

前日ユックリ休んだコトもあり、思ったホド疲れは残ってない。
タダ、距離が短いんでハイペースになるだろうし、昨日切れたスタプレ阿部さんのよーなタイプの選手は勝負に絡んでくる可能性がある。
予想どーりペース速く、前日みたいに上手く位置取れない。
最後の心臓破りもトップに絡める位置に入れなくて、國分、FLR古谷君と共にゴール。

現状では飛び道具をフルに生かして、フルに忍者走法してコノ程度です。
リアルに練習しないとダメですね。
タダ、今回はチームメイトが居たのはメチャ心強かった。
國分には感謝だね!!
2人ダケじゃあなかなか一緒に走れないってコトもあるんで、皆さん早く上げって来てねw

【馬場選手のレースレポート】

day2 E3 4周回 15位
やはり低温だったが、周回数が短いためワンピースとレッグウォーマーで出走。
路面も少し濡れている。ローリングスタートだったが、直線で隣の人が何故か落車。接触があったが、無事に切り抜けた。落車の影響でコーナーは本当に怖かったが、1周目の心臓破りの坂で飛び出しを試みたことで気持ちがふっきれ、気持ち的にはなんとか克服した
最終周回突入時に5人ほど抜け出すのを見送ってしまったが、半周ほどで吸収。
心臓破りの坂でペースが上がるが、前が詰まり反応が遅れる。10人近くに先行されれ、ゴール前の平坦でも数人に抜かれゴール。

  • 1日目に落車したが2日目に挽回することができ、望んだ結果ではないが悪い流れで終わらずに済んで良かった。
  • 先頭から切れてしまった昨年と比較し、体力的には余裕を持って走れた。練習が間違っていないことを実感できたのは良かった。
  • 位置取りに改善の余地があるが、その辺も走行中に考える余裕が出てきた。
  • 苦手のコーナリングについて、他の人より遅い速度で落車した。一方、自然な流れに乗れれば他の人と同じ速度で回れた。明らかにメンタルに問題あり、無駄足を使ってでも序盤でアタックしてスイッチを入れる等は効果があるかもしれない。
  • 次戦も寒くなって欲しい。ただしドライコンディションで(笑)

(以上レポート終わり)

じてんしゃの杜JBCFチームは2013シーズンも全力にて活動予定です。本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195

Jエリートツアー第6戦/群馬CSCロードレース Day-1

「Jエリートツアー第6戦/群馬CSCロードレース Day-1 」が4月27日に開催されました。じてんしゃの杜JBCFチームからは、E1に小川、國分、E2に小松、若松、E3に豊田、馬場、松本の計7名が参戦。結果をご報告します。

■Jエリートツアー第6戦/群馬CSCロードレース Day-1

とりあえず結果速報です。レポートなど後日。

【速報リザルト】

  • E1 國分選手 26位 10pt
  • E1 小川選手 59位 10pt
  • E2 小松選手 55位 5pt
  • E2 若松 DNF 1pt
  • E3 松本選手 48位 5pt
  • E3 馬場選手 85位 5pt
  • E3 豊田選手 123位 5pt
  • Jエリートツアー チームランキング じてんしゃの杜 75pt(68位タイ)

【小川選手のレースレポート】

昨年のコノ時期とのコンディションの違いや、幕張の走り見ても、マトモなリザルトになるとは思えなかったんで、とりあえず最低2日で20点という情け無い目標設定で走った。
下のクラスタと違い散発的にアタック掛かるケド、ムキになって追走しない展開にも救われプロトン内で茶濁して走った。
想像してたほどペースが上がんなかったんで淡い期待しつつ最終ラップに入ったものの、心臓破り手前の小屋辺りでの集団落車で足止め、オシマイでした。
アノ時点で前に居れないのは問題外ですね。
キチンと走って見えた課題なんで良しとします。

【松本選手のレースレポート】

松本のレースレポートです。48位という不甲斐ない順位でしたが、持っていた実力は出し切りました。これが今の私の実力です。自分の実力と、上位グループの差は、予想してはいましたが、改めて登坂力であると思いました。「登り」は私にとっては長年挑み続けても超えられない壁であり、3月より、杜練の他にレース前の体重調整(悪あがきに終わる)、坂でのインターバル等行ってきましたが、いずれも付け焼刃で、スタートする時期が少し遅かったと思います。また、パワーメーターがないので心拍でしか強度表現ができませんが、坂のインターバルトレーニングの強度も登り始めが約135bpmで登り終わりが約170bpm位で行っていましたが、実際のレースでは心臓破りの坂の手前で心拍が約170bpmで登り終わりが177~182bpmでした。トレーニングとは自分の体をある特殊な状況に順応させることであります。実際には時間や場所の問題もありますが、インターバルの内容、強度の見直しをする必要性を感じました。また、にわかに体重を落としてもダメなのははっきりしたので、体重よりも自分の足のパワーを今以上に強くする。その辺をテーマに今後はトレーニングしていくつもりです。今後も杜の皆さんと頑張っていきます。よろしくお願いします。

【馬場選手のレースレポート】

day1 E3 6周回 85位
路面はウエット。低温のため冬用アンダーにニーウォーマーを着用
200人近い出走のため、早めに前に上がる。不安なカーブは慎重に走る。
その分、立ち上がりで脚を使うが、なんとか先頭集団をキープ。
しかし5周目のヘアピン手前の左高速カーブで前輪がスライド。コントロールを失いフェンスにぶつかり落車。幸いバイク、身体ともに走行可能だったが、勝負からは脱落。グルペットに入り完走。

【若松の反省】

落車以外で初めてロードレース中に足をつき歩きました。体力・気力がまったく及びませんでした。反省し出直します。

(以上でレポート・反省終わり)

じてんしゃの杜JBCFチームは2013シーズンも全力にて活動予定です。本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195

Jエリーツアー第3戦 JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム

「Jエリーツアー第3戦 JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム」が4月14日に開催されました。じてんしゃの杜JBCFチームからは、國分選手、佐藤選手、若松の3名が参戦。結果をご報告します。

■Jエリーツアー第3戦 JBCF 伊吹山ドライブウェイヒルクライム

【結果】

  • E1 國分選手 17位 20pt
  • E2 若松 45位 3pt
  • E3 佐藤選手 11位 10pt
  • Jエリートツアー チームランキング じてんしゃの杜 40pt(64位タイ)

今季から「じてんしゃの杜」に復帰したE1の國分選手は復帰後初のJBCFレース。E3の佐藤選手はこのレースがレースデビューでした。國分選手は強豪クライマーひしめくE1クラスタにおいて17位、佐藤選手は激戦のE3(なんと212名が出走!!)において11位とそれぞれ好成績を収めました。

ゴール地点はこんな感じです。

【國分選手のレースレポート】

7時に起床してご飯を食べて宿を出発。駐車場トラブルで時間を食うが何とか臨時駐車場に停める事が出来た。

ローラーでアップ25分と実走で20kmぐらい走る。

13:04分 E1スタート。相変わらず並ぶのが遅くて最後尾・・。スタート付近は狭いとの話が聞こえたので無理せずスタート。後はとにかく自分のペースで行くのみ。

途中で元チームメイトと並走になるが、あくまでも自分のペースで淡々と進む。このコースは緩やかな下りもあったけど、後ろに付くとかそういう事は考えないで自ら先頭に出てアウターに入れて進む。

E1 の先頭集団は見えないが、元々クライマーでも無いのに何故エントリーしてしまったんだ?(笑)ぐらいの考えだったので、気にせず進む。後半になると4分前 にスタートしたJPTの選手がちらほら。結局、23・25・28Tは使用しないで終わってしまった。シッティングに上ハンで進む自分のスタイル、相変わら ず高回転は苦手。

48分37秒、17位でゴール。

週末の実走不足もあり、登りに関しては更に不安だったが何とか乗り切れた。タイム的には登りが速い人達には到底太刀打ち出来ないけど収穫はあった。

一緒に遠征してくれたチームメイトのお二人、ありがとうございました。

次回は群馬、出来る事は限られてるけど頑張ります。

(以上レポート終わり)

じてんしゃの杜JBCFチームは2013シーズンも全力にて活動予定です。本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195

Jエリーツアー第1戦 JBCF幕張クリテリウム

JBCF主催のJエリートツアーが3月の幕張クリテリウムで開幕しました。じてんしゃの杜JBCFチームも開幕戦から参戦中。少し遅れてしまいましたが、結果をご報告!!

■Jエリーツアー第1戦 JBCF幕張クリテリウム

【結果】

  • E1 小川選手 予選敗退 1pt
  • E2 小松選手 決勝41位 5pt
  • E3 馬場選手 予選敗退 1pt

開幕戦の幕張クリテには小川選手、小松選手、馬場選手の3名が参戦。各クラスタとも激戦となり、決勝に駒を進めたのはE2の小松選手のみ。E2決勝レースでは、小松選手は最終局面まで脚を残した走りでしたが、最終コーナーで芝生に追いやられる形となってストップ。スプリントに参加できず残念な結果となりました。

E2小松選手(写真は馬場さんご提供です)

じてんしゃの杜JBCFチームは2013シーズンも全力にて活動予定です。本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195