杜BLOG過去記事一覧

最近の注目入荷品1

もう市場に出て数ヶ月経ちますが、ボントレガーのバズキル。
ハンドルバーエンドにつけて振動を吸収するものです。簡単に言うとフローティングマウントされた重り何ですが、重りはアルミなのでそんなに重くない。しかしその効果は驚きです。まず付けずに乗って路面からの振動を確認して、同じ路面で付けて走ると。もちろん全く振動が無くなるわけではありませんが、乗る前の振動をグラフにするとのこぎり状になるのが、刃先が丸くなったような感じです。
製造原価を考えると2700円は高い気もしますが、その効果から考えるととても安いと思います。

もてぎでの試乗

8日のもてぎロードで、キャノンデールのシナプスとシックス13、スペシャライズドのターマックカーボンに試乗する事が出来た。
まず、ターマック、走りの軽さに驚く、しかも体に来るごつごつ感もマイルド。
次にシックス13、かなりの剛性感。踏んだだけ進む反応の良さ、しかし脚力に自信が無い私には乗りこなすのは難しそう。
シナプスは、私には適度な剛性で、反応もしっくり来る感じで乗り心地もコンフォータブル。
自分で使うなら、シナプスか、ターマック。フレームで買える事と、外観の好みで、ターマックゲロルシュタイナーカラーでしょう。

店長の自転車講座

基本的に自転車の練習は個人的なものです。
入門者からトップレベルまで力の差は人によって千差万別です。
その中で比較的力の近い人どうしでの練習は可能ですがその中の全ての人に効率がいいとは限りません。
ちょうどいい人と物足りない人と、きつすぎる人が出来ます。(それでも一緒に走る事で、練習強度を維持しやすかったりする事もあり、あるいは気分転換にもなるので適度に織り込んでいくといいでしょう。)
個人的な練習強度を維持する為に、独りでの練習が主体になります。

トレーニング時の注意事項
水分補給……気温にもよりますがこまめに喉が渇く前に。水分が体内の活動すべてのよりどころだと思って下さい。
ウオーミングアップとクールダウン……それぞれ10分くらいが目安です。軽いギアで回しましょう。
ストレッチ……練習後5分程度。足だけでも。

1st.step
まず、気持ちよく走れるようになる為に、ペダリング効率を上げましょう。気持ちよく走るという事は、自分のイメージしたよりちょっと速く、あるいはちょっと楽に走れる状態です。自分の力を100%推進力に変える事は不可能ですがより近づける事で思った以上に速く、楽に走る事が出来ます。
効率のいいペダリングでは、毎分90~110回転ペダルを回します。一般的なママチャリでは30~60回転ぐらいですから、ちょっと練習が必要です。
まず、正しいペダリングを頭の中でイメージして下さい。上死点から15~20度進んだ所から90~100度当たりまでのごく狭い範囲でやや前方に踏み込む感じです。後は力を抜きます。それ以外の所で力を入れても回転方向と一致しにくいため回そうとするより余計な力を入れないようにするほうがいいとされているからです。サドルの高さは、ペダルが一番低い位置で足の裏を水平にして膝が伸び切る状態から5mm程度下げて下さい。
イメージが頭の中に出来たら、平地で軽すぎると思うようなギヤ比で練習して下さい。上りでは回転数は60回転くらいまで落ちても大丈夫です。

2nd.step
1st.stepでは神経系の練習でした。次は循環器系の練習による基礎体力作りです。まあ、あんまり難しく考えずにとにかく乗りましょう。出来れば週に7時間程度、あまり頑張りすぎないようにちょっとはーはーする程度で2ヶ月くらいやってみましょう。この2ヶ月で1と2をあわせたトレーニングの下準備です。

3rd.step
本格的トレーニングです。詳しい説明は省略しますが以下の5つのパターンを混ぜて下さい。
ハイパワートレーニング……平地で、時速30kmくらいから8秒間全力疾走、3分間休憩を挟んで4回もがく。週2回。
ミドルパワートレーニング(インターバルトレーニング)……60秒間維持して心拍数が170程度になる程度のスピードを急走期、90秒緩走期として10回繰り返す。週2回。毎週くり返し数を1回づつ増やしていき20回にする。
持久力トレーニング……心拍数160程度で1時間維持。週2回。
筋力トレーニング……上りで、超スロースピードで、スピードが上がってしまったらブレーキをかけながら1.5回転に1回全速力で踏み込む。計20回ギア比は全速で上る時より20~30%重くする。39×19で上る程度の坂で52×19くらいで行う程度である。週2回。
LSD……140~170くらいの心拍数で、サイクリング。1~3のパターン以外の時。上り、平を組み合わせてコースに変化をつける。
これらはあくまでも1例です。人に聞いたり自分で考えていろんなパターンを入れて飽きないように楽しく乗って下さい。

以上の練習を1年間できれば草レースで入賞できるレベルになります。

1 799 800 801