自転車泥棒

昔の実用車の話。ロードやMTBなどのスポーツバイクにしか興味のない人にはスルーされる話題ですが、古いもののレストアやコレクター趣味のある人は意外と読むと楽しいかもしれません。

古い映画の事でなく小説です。台湾の作家 呉 明益 著「自転車泥棒」。20年前に失踪した父とともに消えた幸福印の自転車を見つけたことで古い自転車にまつわる過去の記憶や出来事、人とつながっていくお話し。自転車コレクターの話や台湾の蝶の羽で作る貼り絵の話は興味深いです。

マレー半島を駆けた日本の銀輪部隊の話もびっくりです。昔の重たい実用車を担いでジャングルの中を抜けていくなんてすごい事というか、戦争ではとんでもない事をやってのけるのですね。台湾の映画が好きですが、もし映像になったらジャングルの木にからめとられた自転車の描写はかなりシュールですね。

DSCN0880

呉 明益 著「自転車泥棒」文春文庫 ¥1050

この幸福印の自転車の写真を見つけようと検索してたら昭和自転車Vintage Japanese Bicycle と言うサイトを見つけて夢中で読んでしまいました。レストア好きの情熱はすごいです。大切な自転車を盗まれたら悲しいので、現実的には盗難対策はしっかりしましょう。

DSCN0884

ABUSU BORDO 6055C LITE ¥9880 ちょっと重いですがプレートタイプは強力です。