Jエリートツアー第7戦/群馬CSCロードレース Day-2

「Jエリートツアー第6戦/群馬CSCロードレース Day-1 」が4月27日に開催されました。じてんしゃの杜JBCFチームからは、E1に小川、國分、E2に小松、若松、E3に豊田、馬場の計6名が参戦。結果をご報告します。

■Jエリートツアー第7戦/群馬CSCロードレース Day-2

とりあえず結果速報です。レポートなど後日。

【速報リザルト】

  • E1 國分選手 48位 10pt
  • E1 小川選手 50位 10pt
  • E2 小松選手 51位 5pt
  • E2 若松 66位 5pt
  • E3 馬場選手 15位 10pt
  • E3 豊田選手 102位 5pt
  • Jエリートツアー チームランキング じてんしゃの杜 集計中

【小川選手のレースレポート】

前日ユックリ休んだコトもあり、思ったホド疲れは残ってない。
タダ、距離が短いんでハイペースになるだろうし、昨日切れたスタプレ阿部さんのよーなタイプの選手は勝負に絡んでくる可能性がある。
予想どーりペース速く、前日みたいに上手く位置取れない。
最後の心臓破りもトップに絡める位置に入れなくて、國分、FLR古谷君と共にゴール。

現状では飛び道具をフルに生かして、フルに忍者走法してコノ程度です。
リアルに練習しないとダメですね。
タダ、今回はチームメイトが居たのはメチャ心強かった。
國分には感謝だね!!
2人ダケじゃあなかなか一緒に走れないってコトもあるんで、皆さん早く上げって来てねw

【馬場選手のレースレポート】

day2 E3 4周回 15位
やはり低温だったが、周回数が短いためワンピースとレッグウォーマーで出走。
路面も少し濡れている。ローリングスタートだったが、直線で隣の人が何故か落車。接触があったが、無事に切り抜けた。落車の影響でコーナーは本当に怖かったが、1周目の心臓破りの坂で飛び出しを試みたことで気持ちがふっきれ、気持ち的にはなんとか克服した
最終周回突入時に5人ほど抜け出すのを見送ってしまったが、半周ほどで吸収。
心臓破りの坂でペースが上がるが、前が詰まり反応が遅れる。10人近くに先行されれ、ゴール前の平坦でも数人に抜かれゴール。

  • 1日目に落車したが2日目に挽回することができ、望んだ結果ではないが悪い流れで終わらずに済んで良かった。
  • 先頭から切れてしまった昨年と比較し、体力的には余裕を持って走れた。練習が間違っていないことを実感できたのは良かった。
  • 位置取りに改善の余地があるが、その辺も走行中に考える余裕が出てきた。
  • 苦手のコーナリングについて、他の人より遅い速度で落車した。一方、自然な流れに乗れれば他の人と同じ速度で回れた。明らかにメンタルに問題あり、無駄足を使ってでも序盤でアタックしてスイッチを入れる等は効果があるかもしれない。
  • 次戦も寒くなって欲しい。ただしドライコンディションで(笑)

(以上レポート終わり)

じてんしゃの杜JBCFチームは2013シーズンも全力にて活動予定です。本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195