ろまんちっくエンデューロ2013春で松本選手優勝!!

2013春ろまんちっくエンデューロのソロクラスにて、じてんしゃの杜の松本選手が見事優勝しました。じてんしゃの杜MTB部で孤軍奮闘の松本選手おめでとうございます!!松本さんからレースレポートが届きましたのでご紹介します。

■ロマンチック村MTB、3H耐久レースレポ

総合5位/66チーム(ソロ含む)ソロ1位/21人。

ロマンチック村MTB、3H耐久レースレポに参戦した。今回のテーマは前回のオーバーペースの修正。前回は最高最低ラップが10分10秒/11分55秒と かなり後半崩れたのが、今回は八方でも有効であったが出力(今回は平均心拍165に合わせた)、ケイデンスの一定化(80~90rpm)を意識して9分 18秒/10分18秒に改善できたが(ちなみに今回は1周が100m程短いみたい)、やはり1分程度の差が生じた。ただ、これは後でも書くが途中でペース アップしたのも原因かもしれない。

暖かかったのと耐久レースなのでウォーミングアップは軽めに行った。スタート順はゼッケン順。割り込みがなくて大変良い。KOZOの佐藤さんくらいしか 知っている人がいない。先日の八兵衛では佐藤さんより1周多く走ったが今回は腰痛が完治していない状態なので、どうなるか。

レースがスタート。スタート後ペースがわずかにオーバー気味な時もあったが(心拍165~168bpm)、佐藤さんをマークし、後ろに付く形で走る。佐藤さん はシングルトラックを走るのは俺よりも上手いので、どうしても途中の登りかストレートで無駄な力で追いつかなくてはいけない。ロードだけでなくダートやシ ングルトラックでも慣れていないと余計なエネルギーが必要になる。1時間少し経過したところだろうか、佐藤さんがスリップ落車してそれをパスしたあとは ずっと一人旅になった。佐藤さんが「2人前にいる」と言っていたが、そいつらに追いつきたい。が、オーバーペースにならないか?迷ったが、1時間半過ぎで わずかにペースアップしてみた。が、敵がどこにいるのかわからない。4周ほどペースアップしてみたが、無理な追い越しをして落車したり、疲れや腰の違和感 を感じ、ややペースダウンして、155~160bpm程度の強度で淡々と残り周回を走った。マシンは杜の竹澤メカにみてもらい完調、最後までノントラブル で走りに集中できた。

今回耐久レースで上位狙いをして、初めて悩んだが自分の位置が分からないのは何とかならないかと思った。今考えると途中のペースアップは余計だったかも。 後で知ったことだが、2時間位経過して1度だけレースの中間報告がアナウンスされソロではその時に1位だったようだ。主催者の方々も少ない人数でレースを 運営していただいているので、無理は言えないが自分が今何位で前、後ろの差は何分何秒か分かるとありがたいなと思いました。以上です。

(以上レポート終わり)

じてんしゃの杜は2013シーズンもロード・MTB・シクロクロス全力にて活動中!!本気のレースに参戦してみたいという方々、是非一緒にレース参戦しましょう。参戦ご希望の方は、店頭、お電話、お問い合せフォームにてご相談ください。お待ちしております。

■■■じてんしゃの杜■■■

営業時間 10時から20時(毎週火曜日定休)
〒321-0973 栃木県宇都宮市岩曽町1482
TEL 028-689-0195